いわき泉、福島シルバーが決勝進出 民友旗・福島県還暦軟式野球

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【オール双葉還暦野球ク―福島シルバー野球ク】粘投し、勝利を引き寄せた福島シルバー野球クの先発浅見=市営第2球場

 県内のシニア選手(58歳以上)が民友旗を懸けて熱戦を繰り広げる第15回民友旗争奪・県還暦軟式野球選手権大会第4日は15日、会津若松市の市営第2球場と小松原球場で準々決勝、準決勝が行われ、いわき泉還暦野球クラブと福島シルバー野球クラブが決勝進出を決めた。決勝は16日午前9時から、市営第2球場で行われる。3位はオール双葉還暦野球クラブと会津若松球友会。

 県還暦軟式野球連盟、福島民友新聞社の主催、県、県体協、会津若松市、市教委、市体協、読売新聞社東京本社、福島中央テレビ、会津野球連盟、会津若松野球協会、東山グランドホテルの後援、ナガセケンコーの協賛、会津若松球友会の主管。

 福島シルバー、先発浅見粘りの投球

 7回に大量5点を挙げた福島シルバー野球クラブが、粘るオール双葉還暦野球クラブを突き放し、2年ぶりに決勝の舞台へと駒を進めた。
 1回に2点を奪われたが先発浅見康夫は直球にカーブを織り交ぜる丁寧な投球で踏みとどまり、その後は相手打者をつまらせ打ち取った。同点で迎えた6回2死二、三塁、主軸の舟山重輝が右越えに2点適時二塁打を放ち勝ち越すと、最終回の猛攻で試合を決めた。
 原田成一監督は「小細工せずに1点取れと言い続けた」と終盤までもつれた試合を振り返りながら「決勝でも接戦をものにする」と頂を見据えた。