福島ホープスが「ファン感謝祭」開催 選手たちが直接技術指導

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手たちに見てもらいながらバッティングに挑戦する参加者

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの福島ホープスは15日、鏡石町の岩瀬牧場で「2016シーズンファン感謝祭」を開いた。大勢のファンが詰め掛け、選手と一緒にクイズや綱引き大会などのイベントを楽しんだ。

 家族連れなどの来場者はティーバッティングコーナーで選手から直接指導を受けたほか、憧れの選手とキャッチボールした。鏡石一小5年の城坂亮君(11)=鏡石町=は「キャッチボールができて良かった。綱引きでは選手の力強さが分かった」と笑顔を浮かべた。

 ファンと交流を深めた岩村明憲選手兼任監督は「来年は優勝したい」と意気込みを語り、笹平拓己主将も「皆さんに勇気をもらいプレーしてきた。来年こそは皆さんと喜びたい」と話した。