小学生ソフトテニス大会終了報告で来社 福島県連盟の志田会長ら

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県ソフトテニス連盟の志田光夫会長と川島登理事長は25日、大会終了あいさつのため福島民友新聞社を訪れた。

 福島市で9月24、25の両日、福島民友新聞社共催で第15回市町村対抗小学生ソフトテニス大会を開催、19市町村の38チーム約300人が熱戦を繰り広げた。

 志田会長は「非常に良い大会でこの大会をきっかけに小、中学生の強化は目覚ましい。これからも選手のレベルアップに向けて続けていきたい」と語った。