学法石川が男女で優勝、県高校駅伝 男子V6、女子2年ぶり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子】人さし指を突き上げてフィニッシュする学法石川のアンカー根本

 「都大路」出場を懸けた男子61回、女子34回県高校駅伝競走大会は26日、猪苗代町総合体育館カメリーナ前を発着点とする男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われ、男女ともに学法石川が頂点に立った。

 優勝は男子が6年連続8度目、女子が2年ぶり3度目。両チームは京都市で12月25日に行われる全国大会に出場する。

 男子は39校が出場。学法石川は5区間で区間賞を記録し、一度も首位を譲らずフィニッシュした。

 21校が出場した女子は学法石川が2、3区で田村にトップを譲ったが、4区で3秒差まで詰め寄ると、5区の終盤で突き放し16秒差をつけてゴールした。

 上位各5校は11月10日に岩手県花巻市で開かれる東北大会に出場する。

◆男子 独走態勢譲らず

 学法石川は1区の遠藤日が序盤から先頭に立ち、2位に56秒差をつけてたすきを渡した。

 2区の横田がほぼリードを維持すると、3区の半沢、4区の芳賀で大きく突き放し、3分以上の差をつけた。5区の櫛田が少し詰められたが、6区の遠藤拓、7区の加藤が区間賞の走りで再び差を広げた。

 1区で5位とやや出遅れた田村が盛り返して2位。上位をキープし続けた福島東が3位に入った。

◆女子 根本残り1キロで逆転

 全国への切符をつかみ取ったのは主将だった。学法石川のアンカー根本実1区は学法石川の古寺が抜け出し、田村の坂内に7秒差をつけた。

 田村は2区渡辺が学法石川の新後を抜いてトップに立ち、3区でもリードを守った。4区では逃げる田村の門馬に学法石川の大塚が迫り、3秒差で一騎打ちのアンカー勝負に持ち込んだ。

 5区の残り1キロを切ったところで学法石川の根本が田村の佐藤を抜き、ゴールへ一直線。逆転優勝で昨年の雪辱を果たした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る