女子ベスト4決まる  民友杯・中学新人ソフトボール開幕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【須賀川二―坂下】民友杯を目指して熱戦を繰り広げる選手=滝根中

 福島民友新聞社杯2016県中学校新人ソフトボール大会第1日は29日、田村市の滝根運動場、滝根中などで女子の1、2回戦が行われ、合同チーム「田島・檜沢」、東和、須賀川二、福島四が4強入りした。

 県ソフトボール協会、福島民友新聞社の主催、県南、田村地方、郡山の各ソフトボール協会の主管、県、県体協、田村市教委、同市体協、郡山市、同市教委、同市体協の後援、内外ゴムの協賛。女子16チーム、男子2チームが出場している。

 開会式が同運動場で行われ、前回優勝の男子の郡山七、女子の湯川が優勝旗を返還した。菅野芳美福島民友新聞社事業局長、手塚英勝県ソフトボール協会副会長があいさつ、助川弘道田村市教育長が祝辞を述べた。

 選手を代表して女子の須賀川二の加藤万尋主将、男子の郡山六の磯貝航輝主将が力強く宣誓した。

 30日は同運動場で女子の準決勝、決勝が行われる。男子は11月4日、郡山市の富久山スポーツ広場で決勝が行われる。