尚志5発でV3に王手、青木の先制弾口火 福島県高校サッカー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【尚志―学法石川】2得点を挙げた尚志のFW青木=郡山市・西部サッカー場

 第95回全国高校サッカー選手権大会県大会2次大会は29日、郡山市の西部サッカー場で準決勝2試合が行われ、第1シード尚志が5―0で第4シード学法石川に快勝した。郡山勢対決となったもう1試合は、郡山が延長の末、2―1で第3シード郡山商に競り勝った。

 決勝は11月5日に同サッカー場で行われる。尚志は3年連続8度目、郡山は16年ぶり4度目の全国大会出場を目指す。午後0時10分開始予定。

 3年連続の全国大会出場へ視界は良好だ。尚志は多彩な攻撃で5点を挙げ快勝。2得点のFW青木竣(3年)は「応援席にいるチームメートのために決めた」と満足げだった。

 チームは4回戦、準々決勝とも前半、ゴールを奪えなかった。「何としても先制点が欲しかった」と青木。準々決勝を終えてからのここ1週間はシュートの精度を意識して練習に臨んだ。

 試合前、仲村浩二監督から受けた指示は「両サイドを徹底して攻める」。その戦略通りに前半8分、DF常磐悠(同)らが右サイドを崩すと、青木は中央に走り込んでパスを受け、ゴール左隅に流し込んだ。練習してきた形での得点でチームは波に乗った。

 青木にとって今大会初のゴール。鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように後半にもこぼれ球を押し込んで得点。「チームに貢献できてよかった」と笑顔を見せた。

 「結果を残して優勝を決める」と青木。目指す全国制覇に向けて、切符をつかみに行く。