フリーブレイズ、連勝止まる アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―イーグルス】第2ピリオド、FW田中のゴールに絡む活躍を見せたFW山田(38)=日本製紙アイスアリーナ

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは30日、各地で2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナで王子イーグルスと対戦、4―7で敗れ連勝が3でストップした。

 第1ピリオドに先制を許したフリーブレイズは0―2で迎えた第2ピリオド、FWポープ、田中遼のゴールで2点を挙げたが、3失点を喫するなど苦しい時間帯が続いた。第3ピリオドでFWポープが2点を奪い1点差に迫ったが、最後まで守備を立て直すことができず終了間際に2失点し、力尽きた。

 フリーブレイズは次戦の11月3日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸で栃木日光アイスバックスと対戦する。午後3時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る