男子・福島南が2連覇、全国3位の実力発揮 福島県選抜高校バスケ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島南―若松商】ドリブルで切り込む福島南の主将水野

 第47回全国高校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)県予選会を兼ねた第53回県選抜高校バスケットボール選手権大会最終日は31日、会津若松市のあいづ総合体育館で男女の決勝とシード順位決定戦が行われ、男子は福島南が2年連続2度目、女子は郡山商が2年ぶり6度目の優勝を飾った。男子決勝は福島南と若松商の対戦となり、福島南が104―44で大勝した。4年連続で同じ顔合わせとなった女子決勝は、郡山商が福島西に55―40で快勝した。男女の優勝校は12月23日から東京都の東京体育館で開かれる全国大会に出場する。

 相手校の応援団がコートを取り囲む"敵地"の雰囲気も関係なかった。福島南は初戦から決勝までの4試合全てでダブルスコアを達成。全国制覇を目標に掲げるメンバーが、全国高校総体(インターハイ)3位の実力を見せつけた。

 決勝では、試合開始直後から激しいディフェンスを仕掛け、早々と主導権を握った。主将の水野幹太(3年)は「持ち味の守備ができた。いいプレーを続けられた」と振り返った。

 身長180センチ前後の選手が中心となった福島南は全国では小柄のチームともとられる。インターハイの準決勝では相手の長身外国人選手に大量得点され、敗れた。

 身長差を補うため生み出したのが強固なディフェンス。夏以降、遠征などで磨きを掛けた。エースの木口雄之亮(同)は「とにかく守備の強さで勝つしかない」と話す。県大会の決勝でみせた盤石の試合運びは「ディフェンスで勝つ」ことを目指すチームらしい内容だった。3年生は1年生の時から主力として活躍、同校の新しい歴史を築いてきた。全国大会はまさに集大成の舞台。「最後まで戦い優勝する」と水野。3年間で培った全てをぶつける。