フリーブレイズが3連勝 アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―アイスバックス】第3ピリオド、決勝点を決めるFW山田(右)=テクノルアイスパーク八戸

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは6日、各地で2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸で栃木日光アイスバックスに5―4で競り勝ち、連勝を3に伸ばした。

 第1ピリオドに先制したフリーブレイズは立て続けに得点を奪われ逆転される苦しい展開となったが、第2ピリオドに、DF早田のリーグ初ゴールなどで同点に追い付いた。迎えた最終の第3ピリオド、再び勝ち越しを許したものの、FW山田が2得点を挙げる執念を見せ、競り勝った。

 フリーブレイズは次戦の12日、同会場で王子イーグルスと対戦する。午後5時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る