福島ファイヤーボンズ、山形に競り勝つ 延長に猛攻18得点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【山形―福島】第3Q、シュートを狙う福島の村上(右)=天童市スポーツセンター

 2部(B2)の福島ファイヤーボンズは6日、アウェーの天童市スポーツセンターで山形ワイヴァンズ(山形)と対戦し、2試合連続となる延長の末、90―78で競り勝った。通算成績は8勝6敗で順位は東地区2位に上がった。

 福島は第2クオーター(Q)、山形のディフェンスを崩すことができず27―31とリードを許した。続く第3Qも流れを呼び込めず、48―55と点差を広げられて迎えた最終の第4Q、村上らの活躍で72―72の同点に追い付き、延長戦に突入した。延長戦では18得点の猛攻で、山形を圧倒した。

 福島は次戦の19日、ホームの郡山市・郡山総合体育館で岩手ビッグブルズと対戦する。午後6時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6