フリーブレイズ、連勝止まる アイスホッケー・アジアリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―王子イーグルス】必死の守りを見せるGK伊藤(左)=テクノルアイスパーク八戸

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは12日、各地で2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸で王子イーグルスと対戦し、延長の末2―3で惜敗、連勝は3で止まった。

 第1ピリオドに先制されたフリーブレイズは、前試合初ゴールを挙げたDF早田の得点で同点に追い付いたが、第2ピリオドで先行を許す苦しい展開に。

 続く第3ピリオドでFW河合が得点、試合を振り出しに戻し延長戦を迎えたが、GK伊藤を中心とした必死の守りを崩され、惜しくも及ばなかった。

 フリーブレイズは次戦の13日、同会場で王子イーグルスと対戦する。午後3時30分開始予定。