いわきボーイズ優勝 FCT・民友杯中学硬式野球

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【喜多方ボーイズ―いわきボーイズ】優勝を決め喜びを分かち合ういわきボーイズナイン

 県内中学硬式野球のトップを決めるFCT・民友杯第5回県中学硬式野球大会最終日は12日、福島市の信夫ケ丘球場で決勝と3位決定戦が行われた。決勝はいわきボーイズが2―0で喜多方ボーイズを下し優勝した。3位は会津ボーイズだった。  個人賞の最優秀選手は高橋侑大(うだい)(いわきボーイズ)、優秀選手は小田切大也(喜多方ボーイズ)、敢闘賞は弓田公幾(会津ボーイズ)が選ばれた。

 福島民友新聞社、福島中央テレビの主催、福島市スポーツ振興公社の共催、日本リトルシニア中学硬式野球協会東北連盟県支部、日本少年野球連盟東北支部、NPO法人全日本少年硬式野球連盟北日本支部、日本ポニーベースボール協会の主管。

 過去に優勝経験がある王者対決は、投打の粘りでいわきボイーズが喜多方ボーイズを下した。

 いわきは0―0の同点で迎えた五回、高橋侑大のセーフティスクイズで2走と3走がホームに生還し、2点を奪うと、投手黒須大誠が抑えて、試合を決定づけた。

 喜多方は5者連続三振を喫するなど、打線がつながらなかった。