福島県チーム10位 2区の学法石川高・古寺が区間4位、東日本女子駅伝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
10位でゴールする本県の小沢=信夫ケ丘競技場

 東日本18都道府県の女子ランナーが駆け抜けた第32回東日本女子駅伝競争大会は13日、福島市の信夫ケ丘競技場を発着点に9区間42.195キロで行われ、福島県は2時間24分9秒で10位だった。2時間17分55秒をマークした長野が7年ぶり2度目の優勝を果たした。

 本県は、1区の小枝理奈(大東文化大4年、田村高卒)がトップと1分2秒差の11位でたすきをつなぐと、2区の古寺冴佳(学法石川高2年)が区間4位と快走、3区の永井加奈(白鴎大3年、会津高卒)も区間8位の走りでそれぞれ順位を上げ、9位につけた。

 しかし4区以降で盛り返せず、最長となる10キロの最終第9区の小沢夏美(白鴎大4年、田村高卒)に12位でたすきが渡った。小沢は2人を抜く意地を見せゴールした。