福島南「日本一に」  バスケットボール男子・全国高校選抜優勝大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
堅守と速攻で優勝を目指す福島南

 バスケットボールの第47回全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ、12月23~29日・東京体育館)の組み合わせが17日、決まった。本県代表で男子の福島南は12月25日の2回戦(午後2時開始予定)から登場、宇都宮工(栃木)と洛南(京都)の勝者と対戦する。

 福島南は2年連続2度目の出場。今夏の全国高校総体(インターハイ)では初出場ながら4強に進出した。集大成の舞台にメンバーは「楽しみ」と口をそろえる。

 初戦の相手は練習試合で何度も対戦している宇都宮工か、名門洛南となる。どちらが勝ち上がってきても、チームの武器である堅守と速攻で迎え撃つ。

 主将の水野幹太(3年)が「悔いのないようにやるだけ」と話せば、副主将の川野健(同)は「ここまで来たら日本一に」と力を込める。頂点への道筋は見えている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦