岩村監督ら中学選手を指導 福島ホープス、須賀川で野球教室

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手らから技術を学ぶ参加者

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの福島ホープスの野球教室は20日、須賀川市の牡丹台球場で開かれた。多くの子どもが野球の基礎を学んだ。市スポーツ振興協会の主催、市の共催。

 同市や鏡石町、天栄村の中学校から約70人が参加した。岩村明憲選手兼任監督や久岐志衣磨選手(福島工高卒)ら7人が指導に当たった。

 岩村監督は「野球は先のことまで考えないと良いプレーはできない」と子どもに語り掛けた。

 教室では、キャッチボールや守備、打撃練習が行われ、参加者がボールを両手で捕ることの大切さなどを学んだ。