大山加奈さんら元五輪選手と交流 オリンピックデー・フェスタ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
運動会で子どもたちと交流する大山さん(右から2人目)

 東日本大震災の復興支援行事「オリンピックデー・フェスタin郡山」は23日、郡山市の郡山総合体育館などで開かれた。子どもたちがアテネ五輪バレーボール女子日本代表の大山加奈さんら五輪選手10人とスポーツを通して交流した。

 日本オリンピック委員会(JOC)の主催。大山さんのほか、北京、ロンドン両五輪に出場した新体操の田中琴乃さん、アルベールビル五輪の銀メダリストでスピードスケートの黒岩敏幸さんらが訪れ、同市の小学生と保護者らが参加した。

 イベントのうち運動会では、児童が選手と一緒に5チームに分かれて「手つなぎ鬼」「小玉回し」などの競技に挑み、スポーツの楽しさに触れていた。