女子決勝は郡女大付×会津学鳳 春高バレー・福島県大会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子準決勝・田村―会津学鳳】スパイクを放つ会津学鳳の神田(右)

 第69回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)県代表決定戦・第44回FTV杯争奪県高校バレーボール選抜優勝大会は25日、福島市国体記念体育館で開幕した。男女8校が出場、初日は男女の準々決勝と準決勝が行われた。男子で決勝に進んだのは17年ぶりの優勝を目指す福島工と2連覇を狙う郡山北工。女子の決勝は3年ぶりの頂点を狙う郡山女大付と若松女時代以来41年ぶりの優勝を目指す会津学鳳が激突する。

 決勝は26日に行われる。男子が午前10時、女子が同11時30分開始予定。優勝校は来年1月4日から東京体育館で開かれる全国大会に出場する。

 ■郡女大付 因縁の磐城一を撃破

 3年ぶりの優勝が懸かる郡山女大付は危なげない戦いで決勝進出。主将の鯉渕瑞希(3年)は「エンジン全開で行きたい」と決勝を見据えた。昨年、一昨年の決勝で敗れた因縁の相手である磐城一を準々決勝で撃破。ただ準決勝は「気の緩みがあった」と満足のいく内容ではなかった。決勝での目標について鯉渕は「3―0(ストレート)で終わらせる」。笑顔で大会を終えるため、再び気を引き締めた。

 ■会津学鳳 強気の攻め、実を結ぶ

 会津学鳳の主将神田奈々(3年)は「考えすぎずに強気で攻めることができた」と準決勝の激戦を振り返った。喜多方東との会津勢対決となった準々決勝では「いいプレーができなかった」と神田。ただ気持ちを切り替えて臨んだ準決勝は、第2セット中盤で引き離されかけたが「ここまで来たら食らい付く」と粘り、ストレートで勝利した。神田は「悔いなく終わるため思い切りやる」と41年ぶりの頂点を見据えた。