来季の飛躍へ誓い 福島ユナイテッド・シーズン納会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
サポーターらに感謝を述べる栗原監督

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCのシーズン納会は28日、福島市で開かれ、主将の石堂和人らが14位に終わった今季を振り返り、来季の巻き返しを誓った。

 選手やスタッフ、サポーターら約320人が出席。石堂は「結果を真摯(しんし)に受け止めて、各選手が初心にかえってサッカーができる喜びを感じながら来季はプレーしたい」と語った。

 今季で退任する栗原圭介監督は「J2昇格圏内という高い目標を掲げての14位という結果は悔しい。ユナイテッドはこれからのチーム。必ず飛躍できると願っている」と選手らにエールを送った。

 選手のサイン入りユニホームなどが当たる抽選会も開かれ、選手とサポーターが親睦を深めた。