全国高校サッカーに挑む尚志を激励 FCTがボールなど贈る

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小林主将にボールを手渡す佐々木さん(左)と仲村監督に激励金を贈る河田社長(左から4人目)

 福島中央テレビ(FCT)は29日、第95回全国高校サッカー選手権大会に出場する尚志に激励金を贈った。

 贈呈式は郡山市のFCT本社で行われ、倉又晴男校長、仲村浩二監督、小林将士主将(3年)、常盤悠選手(同)、渡部公平選手(同)が訪問。河田卓司FCT社長が仲村監督に激励金を手渡した。小林主将は「県大会を無失点に抑えたチームワークを武器に、全国制覇を目指す」と力強く決意を述べた。FCTの駒木根尚、堀越徹、佐藤崇3常務らが同席した。

 席上、ボールなどの贈呈式も行われ、帝人ファーマ郡山営業所の佐々木紀実さんが小林主将にボールを手渡した。

 尚志は大会第2日の12月31日、1回戦でルーテル学院(熊本)と対戦する。