ふたば未来高・金子ら本戦へ 全日本総合バドミントン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンの全日本総合選手権第1日は29日、東京・代々木第二体育館で各種目の予選が行われ、男子シングルスでは昨年の世界ジュニア選手権で銅メダルの渡辺航貴(埼玉栄高)と山下恭平(岡山・水島工高)金子真大(ふたば未来高)の高校生3人らが勝ち上がり、30日からの本戦に進んだ。

 このほか県勢は、男子シングルスで三橋健也(日大、富岡高卒)、男子ダブルスで山沢直貴・本田大樹組(富岡高)、女子シングルスで水井ひらり(ふたば未来高)が本戦へ進んだ。