スポーツで活躍した164人22団体たたえる 福島で県体協表彰式

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
表彰を受ける自転車の窪木

 県体協は30日、福島市で本年度表彰式を行い、スポーツの各種大会で活躍した選手や選手育成に尽力した指導者ら164人、22団体を表彰した。

 関係者ら約200人が出席。同協会名誉会長の内堀雅雄知事と須佐喜夫会長がリオデジャネイロ五輪に出場した自転車の窪木一茂(NIPPOヴィーニ・ファンティーニ、学法石川高卒)ら各賞受賞者の代表に表彰状などを贈った。

 内堀知事が「本県から東京五輪・パラリンピックで活躍する選手が出ることを期待したい」とあいさつ。杉山純一県議会議長、鈴木淳一県教育長が祝辞を述べた。受賞者代表で特別賞を受賞した陸上の千葉麻美(東邦銀行)が謝辞を述べ「国内だけでなく、世界で活躍する選手や指導者を出していきたい」と話した。