富岡高卒・川上、大堀ら8強 全日本総合バドミントン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンの全日本総合選手権第3日は1日、東京・代々木第二体育館で各種目の2回戦が行われ、男子シングルスは西本拳太(中大)、坂井一将(日本ユニシス)らが8強入りした。女子シングルスでリオデジャネイロ五輪3位の奥原希望(日本ユニシス)は鈴木温子(ヨネックス、いわき市生まれ)との試合で右肩負傷のため途中棄権。川上紗恵奈(北都銀行、富岡高卒)、大堀彩(トナミ運輸、富岡高卒)も準々決勝に駒を進めた。

 女子ダブルスはリオ五輪覇者の高橋礼華・松友美佐紀組(日本ユニシス)がストレート勝ち。男子ダブルスは保木卓朗・小林優吾組(トナミ運輸、富岡高卒)、松居圭一郎(日体大、富岡高卒)・玉手勝輝(日体大)組、遠藤大由(日本ユニシス)・渡辺勇大(日本ユニシス、富岡高卒)組がベスト8に進出した。混合ダブルスは渡辺勇大・東野有紗組(日本ユニシス・富岡高卒)が2回戦を突破した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦