福島県水泳連盟、創立70周年祝う 活動を支援、3人に感謝状

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
壱岐会長から感謝状を受けた(左2人目から)苅谷さん、泉さん、加藤さん

 県水泳連盟は3日、郡山市で創立70周年記念式典を行い、出席者が節目を祝うとともに同連盟のさらなる発展を誓った。

 会員ら約100人が出席。壱岐ひろみ会長が「皆さんの支えでここまで来ることができた。次の10年は若い世代にバトンをつないでいきたい」とあいさつした。席上、連盟の活動を支援したとして、壱岐会長がスポーツバックスマネジャーの泉貴子さんとリス興業器材チームリーダーの苅谷正彦さん、千葉県水泳連盟理事長の加藤宗人さんに感謝状を手渡した。

 県水泳連盟は1946(昭和21)年、本県の水泳競技の普及や、県民の心身の健全な育成を目指し設立された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」