女子・郡女大付は石川・金沢商と 春高バレー組み合わせ決定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3年ぶりの大舞台に向けて闘志を燃やす郡山女子大付

 バレーボールの全日本高校選手権大会(春高バレー、来年1月4~8日・東京体育館)の組み合わせが4日、決まった。本県代表は男女ともに初日の1回戦で登場する。2年連続9度目の出場の男子・郡山北工は近江(滋賀)と、3年ぶり18度目の出場の女子・郡山女子大付は金沢商(石川)と対戦する。近江は14年連続32度目、金沢商は15年連続42度目の出場。

 女子シード勢は前回覇者で今夏の全国高校総体も制した下北沢成徳(東京)が初戦の2回戦で、福井工大福井と和歌山信愛の勝者と対戦。男子シード勢は総体で優勝した駿台学園(東京)が初戦の2回戦で、上越総合技術(新潟)―星城(愛知)の勝者と当たる。3連覇に挑む東福岡は高知―一関修紅(岩手)の勝者と対戦する。

 拾い負けない

 女子・郡山女子大付の鯉渕瑞希主将(3年)は「どんな相手でも、自分たちのバレーを貫く」と大舞台に臨む決意を語った。

 モットーは「全員で攻めて、拾い負けないチーム」。相手のアタックを粘り強く拾い、エース目黒安希(3年)につなぎたい。レシーブ力のあるリベロ菅野日菜(2年)やセッター橋本美久(同)ら2年生の活躍にも目が離せない。

 佐藤浩明監督は「全国の舞台で100%の力が出せるかが大事。力のある選手がそろっているので、縮こまらずに自信を持って戦わせたい」と力を込めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る