福島大などたたえる 南東北大学野球連盟がリーグ戦表彰

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
神山理事長(左)から表彰を受ける福島大の砂川主将と平沢学生コーチ・選手(右)

 南東北大学野球連盟は10日、いわき市で本年度リーグ戦の表彰式を行い、1部春季リーグで3季連続優勝した東日本国際大、同秋季リーグを10季ぶりに制した福島大などをたたえた。

 選手や関係者約200人が出席した。神山敬章理事長が「より高みを目指して野球を続けてほしい」と選手を激励。花沢興一県野球連盟会長があいさつした。

 表彰では、東日本国際大の二橋大地選手(4年)と山本泰広主将(3年)、福島大の砂川宜生主将(同)と平沢陸登学生コーチ・選手(同)ら、各チームの代表者や受賞者に表彰状やトロフィーが贈られた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦