フリーブレイズ「4強」入り アイスホッケー・全日本選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 アイスホッケーの全日本選手権第1日は16日、長野市ビッグハットで1回戦が行われ、2連覇を狙う日本製紙、アイスバックス、王子、フリーブレイズのアジア・リーグ勢が勝って4強入りした。

 17日の準決勝は日本製紙―アイスバックス、フリーブレイズ―王子の組み合わせとなった。

 日本製紙は関大に9―1で快勝、アイスバックスは中大に2―1で競り勝った。王子は釧路厚生社(北海道)を6―2で、フリーブレイズは明大を7―4で下した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、9回サヨナラ「11連覇」 夏の福島大会、戦後最多更新