東北フリーブレイズが3位 アイスホッケー・全日本選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―日本製紙クレインズ】相手の攻撃を抑えるフリーブレイズのGK伊藤

 アイスホッケーの全日本選手権最終日は18日、長野市ビッグハットで行われ、決勝は王子がアイスバックスを3―2で下して4大会ぶり36度目の優勝を果たした。王子は第1ピリオドにゴール前の混戦から橋場が押し込んで先制。その後2点を失ったが、逃げ切った。

 3位決定戦は東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)が前回大会覇者の日本製紙に4―1で勝った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る