「成長実感した1年」 ゴルフ・武尾プロ、会津若松で活動報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出席者から花束を受ける武尾咲希(右)=24日、会津若松市

 会津若松市出身の女子プロゴルファー武尾咲希(22)=会津学鳳高卒=の活動報告会は24日、同市で開かれ、出席者約80人が武尾をねぎらい、来年の飛躍を期待した。

 11月20日に行われた日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のツアー、伊藤園レディースで自己ベスト65を出して一時は単独首位に立ち、7位入賞を果たした。今シーズンは5試合で初日10位以内に入り、賞金ランキング57位と健闘した。

 報告会では、武尾咲希後援会の本名昭二会長があいさつし、出席者が武尾に花束を手渡した。岡田裕美子LGPAティーチングA級プロが祝辞を述べ、矢部義則ナリ会津CC理事長の発声で乾杯した。

 武尾は福島民友新聞社の取材に、大会最終日に最終組でプレーするなど「成長を実感した1年だった」と振り返り、「悔しさも残ったが、ツアー初勝利とシード権獲得が手に届くところまで来ている」と来季へ自信を見せた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る