成年男子は高橋が3位 東北スケート競技選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第46回東北スケート競技選手権大会・第28回東北高校スケート競技選手権大会・第38回東北中学スケート大会最終日は25日、郡山市の磐梯熱海スポーツパーク郡山スケート場で中学と高校、成年男女の3000メートルが行われた。中学女子は清水凛(郡山一2年)が5分14秒97で制し、安田彩夏(喜久田3年)が5分15秒00で2位に入った。

 このほか成年男子は高橋千昭(勿来高教)が5分2秒70で3位入賞を果たした。中学女子の県対抗では本県が1位となった。

 成年男子3000メートルで3位入賞を果たした高橋千昭は、同5000メートルで2位を争った下山和也(東北SC)に競り勝ち、「楽しいレースだった」と充実した表情を浮かべた。

 教諭を務める傍ら、走り込みなどで体力を維持してきた。だが、氷上での練習不足には不安を抱いていたという。「40年以上も続けられたのは周囲の応援のおかげ」と笑みを浮かべる。

 「国体の出場が決まったら、自分の姿で若い選手を奮起させたい」。49歳のベテランが、不屈の闘志を見せた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る