卓球代表に松平健太が内定 郡山で世界選手権代表選考

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
決勝でフルセットの末に勝利し、日本代表に内定した松平=郡山総合体育館

 来年5、6月にドイツで開かれる「2017世界卓球選手権デュッセルドルフ大会(個人戦)」の男子日本代表選考会最終日は25日、郡山市の郡山総合体育館で行われた。決勝では、松平健太(ホリプロ)が4―3のフルセットの末に大島祐哉(ファースト)を下し、日本代表入りが内定した。

 決勝は、互いに一進一退の攻防を繰り広げ、最終セットに突入。最終セットでは、松平が中盤で11―9と突き放し、粘る大島を振り切った。



おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「全国都道府県対抗駅伝」上位入賞誓う 福島県選手団・結団式