「チームダンロップ」準優勝 ソフトテニス日本リーグ、白河市長に報告 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鈴木市長に日本リーグ準優勝を報告した選手

 住友ゴム工業白河工場(白河市)を拠点に活動するソフトテニスの「チームダンロップ」が、愛知県で今月開かれた第34回日本リーグで準優勝を果たした。昨年の4位を上回る過去最高の成績で、選手らは26日、同市役所を訪問、鈴木和夫市長に活躍を報告した。

 大会は16~18日、同県豊田市で開催。8チームによる総当たりのリーグ戦で争われ、ダンロップは5勝2敗の成績で2位となった。

 3日間で7試合を行うだけに、大槻三喜監督、安藤未希主将は「体力トレーニングの成果を出せた」と胸を張った。

 市役所には大槻監督、安藤主将ら6選手が訪れ、鈴木市長に準優勝を報告。鈴木市長は「来年は優勝を目指して頑張ってほしい」とさらなる活躍を期待した。

 安藤主将は「3位以内が目標だったのでうれしいが、あと一歩だった悔しさもある。次は優勝したい」と抱負を語った。

 斎藤健司執行役員工場長らが同席した。

 選手次の通り。

 安藤未希、小谷菜津美、大羅夢真、大槻麗、岡村葵、森松百花

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦