31日激突!福島代表・尚志×熊本代表・ルーテル 全国高校サッカー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初戦でルーテル学院と対戦する尚志イレブン

 第95回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕する。首都圏の9会場で行われ、都道府県大会を勝ち抜いた48代表校(東京2校)が出場する。本県代表で3年連続8度目の出場となる尚志は、31日に同競技場で行われる1回戦第2試合で5年ぶり4度目の出場のルーテル学院(熊本)と対戦する。午後2時10分開始予定。決勝は来年1月9日にさいたま市の埼玉スタジアムで行われる。

 攻撃の中心は渡部

 全国制覇を目標に掲げる尚志。仲村浩二監督が「攻守のバランスが良く、選手層が厚くなっている」と話すように、全国で戦える実力を備えたチームに仕上がった。

 攻撃の中心は、高円宮杯U―18(18歳以下)プリンスリーグ東北で得点王のFW渡部公平(3年)。高い身体能力を武器に、相手守備陣をこじ開ける。

 ゲームキャプテンを務めるMF神垣陸(3年)は中盤で攻守のバランスを取る司令塔。サイドのDF常盤悠(同)やDF原田脩希(同)は積極的な攻撃参加で得点機を演出する。

 いわきFCに入団が決まっているGK堀江亮博(同)とMF高橋大河(同)の活躍にも期待がかかる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る