福島ファイヤーボンズがアウェーで逃げ切り 東地区首位に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【奈良―福島】第1Q、シュートを放つ福島のスパイクス(左)

 (2日・ならでんアリーナほか=6試合) 2部(B2)の福島ファイヤーボンズはアウェーでバンビシャス奈良を90―83で下した。通算成績は19勝8敗で順位は東地区1位。

 福島は同点で迎えた第2クオーター(Q)で50―42とリードし、8点差で最終第4Qに入った。奈良の追い上げを許し、3点差にまで詰め寄られたが、終盤でボーズマンと村上、菅野がフリースローのチャンスを確実にものにし、逃げ切った。福島は次戦の3日、同会場でバンビシャス奈良と対戦する。午後2時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る