夢舞台で前回の雪辱 「春高バレー」へ郡山北工

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
昨年の雪辱に燃える郡山北工

 昨年のレギュラーが4人残る経験豊富なチーム。前回の初戦敗退から1年、技術、精神面ともに成長した選手が夢舞台での雪辱に燃える。

 身長191センチのセンター十文字龍翔(3年)を中心とした高い攻撃力が持ち味。ライト江田翔平(同)は身長175センチながらアタックの最高到達点が317センチと身体能力が高く、決まると「チームの空気が変わる」というスパイクに注目だ。

 近江は全国高校総体8強の実力校。コンビバレーで前半から波に乗りたい。

【メンバー、学年】
 江田 翔平〈3〉
 十文字龍翔〈3〉
◎斎藤雄太郎〈3〉
 荒井ひかる〈3〉
 阿部 昂也〈3〉
 岩谷 流星〈3〉
 遠藤 壮太〈3〉
 村上 真宥〈2〉
 遠藤 滉也〈2〉
 平山 亮佑〈2〉
 武田 克之〈2〉
 橋本 太智〈2〉
 橋本 征憲〈1〉
 安田 達哉〈1〉
 横山 大樹〈1〉
 菅野  隼〈1〉
 金賀  蓮〈1〉
 佐藤 由弥〈1〉
 (◎は主将)
▽監督
 渡辺 秀雄

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る