福島ファイヤーボンズ、アウェーで勝利し20勝一番乗り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【奈良―福島】第1Q、シュートを放つ福島の枡田(中央)=ならでんアリーナ

 (3日・ならでんアリーナほか=6試合) 2部(B2)の福島ファイヤーボンズはアウェーでバンビシャス奈良を80―66で下し、2連勝した。通算成績は20勝8敗で順位は東地区1位。

 福島は序盤から立て続けに得点を決め、第2クオーター(Q)で40―33の7点差と前半を優位に折り返した。第3Qは2点差まで詰め寄られたが、第4Qで立て直しに成功。奈良を同Q10得点に抑え、さらにボーズマンの連続得点などで一気に突き放した。

 福島は次戦の21日、郡山市の郡山総合体育館で広島ドラゴンフライズと対戦する。午後6時開始予定。