男子「レース運びVの鍵」 都道府県対抗駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 優勝を狙っており、常に上位でレースを運びたい。全日本実業団対抗駅伝で各チームのエース級が走る最長の4区で区間2位だった今井正人(トヨタ自動車九州、原町高卒)がふるさと選手として出場、主将も務める。大学生走者として、東京箱根間往復大学駅伝に出場した物江雄利(駒大2年、喜多方高卒)、阿部弘輝(明大1年、学法石川高卒)がそろった。

 全国高校駅伝をインフルエンザで欠場した学法石川高のエース遠藤日向は区間賞を目指す。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6