猪苗代・小鮒が男子距離フリー5キロ初優勝! 県中体スキー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【男子距離フリー5キロ】初の頂点に立った小鮒響暉(猪苗代)

 第59回県中学校体育大会スキー競技は11日、檜枝岐村の尾瀬檜枝岐クロスカントリースキーコースで開幕した。初日は距離男女フリーが行われ、男子5キロは小鮒響暉(ひびき)(猪苗代2年)、女子3キロは目黒楓華(ふうか)(只見2年)が制した。第2日の12日は男女の距離クラシカル(檜枝岐村)とアルペン回転(北塩原村)が行われる。クロスカントリー競技は当初、南会津町の会場、アルペン競技は金山町の会場を予定していたが、雪不足のため、クロスカントリー競技は檜枝岐村、アルペン競技は北塩原村の会場に変更された。

 男子フリー5キロの小鮒響暉(猪苗代2年)は唯一の13分台で初の王座。「優勝できたら最高だなと思っていた」と笑みを浮かべた。

 1年生だった昨年も3位に入賞した実力を持つ。「去年は気にしていなかった」というフォームに磨きをかけて今大会に臨んだ。

 標高差が88メートルあるコースで「諦めずに上り切り、下りで力をためられた」と小鮒。最後には圧巻のラストスパートを披露してフィニッシュした。


 表彰式後には大会役員が胴上げで祝福。初優勝に続く、人生初胴上げに「思っていたより高くてびっくりした」と驚きながらも頬を緩ませた。

 一方で「上りと下りの切り替えがうまくいかなかった」とレースの反省も忘れなかった。最終目標に掲げるのは全国大会での入賞。「もっとフォームをきれいにしてスピードを上げたい」と意気込んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、9回サヨナラ「11連覇」 夏の福島大会、戦後最多更新