男子回転は裏磐梯・鳥羽に栄冠 福島県中体スキー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【男子回転】初優勝した鳥羽広葉(裏磐梯)

 第59回県中学校体育大会スキー競技第2日は12日、檜枝岐村の尾瀬檜枝岐クロスカントリースキーコースと北塩原村の星野リゾート猫魔スキー場で男女の距離クラシカルとアルペン回転が行われた。回転は男子で鳥羽広葉(ひろは)(裏磐梯3年)、女子で鈴木虹々(ここ)(会北2年)がそれぞれ初優勝を飾った。最終日の13日は男女のアルペン大回転と距離リレーが行われる。

 鳥羽「集中できた」

 「自分の滑りに集中できた」。男子回転の鳥羽広葉は1、2本目ともにトップタイムをマーク、待ち望んでいたタイトルを圧勝でつかんだ。

 昨年の秋と12月に全日本ユース合宿に参加。全国から集った選手たちの技術力の高さに圧倒され「全国ではレベルが低い」と力の差を痛感したという。

 そこで目標に掲げたのが、昨年、全国中学校大会で3位の中丸雄哉(南会津高1年)が県大会で成し遂げた回転、大回転での2冠達成だ。「まだ通過点。必ず成し遂げる」と鳥羽が目標に王手を掛けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「第99回夏の甲子園」開幕 開会式、聖光学院ナイン堂々行進