女子大回転は猪苗代・佐藤が会心の初頂点 福島県中体スキー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子大回転】初優勝を果たした佐藤未来(猪苗代)=星野リゾート猫魔スキー場

 第59回県中学校体育大会スキー競技最終日は13日、北塩原村の星野リゾート猫魔スキー場と檜枝岐村の尾瀬檜枝岐クロスカントリースキーコースで男女のアルペン大回転と距離リレーが行われた。大回転は男子で阿部結太(福島・吾妻2年)、女子で佐藤未来(みく)(猪苗代2年)がそれぞれ初優勝を飾った。

 効率よく体使い加速

 一つに束ねた髪をなびかせゴールに飛び込んだ。女子大回転の佐藤未来は身長150センチの小柄な体を目いっぱい使った滑りでスピードに乗った。

 悔しさが佐藤を成長させた。昨年の全国大会では、終盤の滑走順となり思い通りの滑りができず苦汁をなめた。「まずは県で1位を取る」。目標が定まると、意識が変わり「筋肉の使い方や板への体重の伝え方を考えて練習するようになった」と効率よく体を使い、加速する滑りを手に入れた。

 「全国で滑られるワクワク感もあるが、昨年のリベンジを果たすことが目標なのでハラハラもしている」と佐藤。大舞台へ向け闘志を燃やしている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、9回サヨナラ「11連覇」 夏の福島大会、戦後最多更新