福島ホープスが南会津で初開催 今季、公式戦1試合

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大宅町長に公式戦開催を報告する扇谷社長(左)と岩村監督(右)

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスを運営する福島県民球団の扇谷富幸社長は18日、南会津町役場に大宅宗吉町長を訪ね、今季の公式戦1試合を同町で開催することを報告した。

 同町での福島ホープスの公式戦は初めて。扇谷社長は「(公式戦が)地域おこしにつながれば」と話した。大宅町長は「プロの試合を南会津町で観戦できる機会は少ない。子どもたちの励みにもなる」と歓迎した。

 扇谷社長と一緒に訪れた岩村明憲監督は大宅町長にユニホームとマスコットキャラクターの人形を贈り、公式戦が円滑に開催できるよう協力を求めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「第99回夏の甲子園」開幕 開会式、聖光学院ナイン堂々行進