フリーブレイズ、7戦ぶり勝利 アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 アイスホッケーのアジアリーグは21日、各地で3試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸でデミョンキラーホエールズ(韓国)と対戦、4―0で快勝し、7戦ぶりの勝利を手にした。

 フリーブレイズは第1ピリオド、FW山田のゴールで先制。第2ピリオドでは、一進一退の攻防が続き、1―0のまま終えた。追加点がほしいフリーブレイズは最終第3ピリオド、FW田中豪のゴールで流れをつかむと、さらにFW山下、篠原亨も続き、試合を決定づけた。

 フリーブレイズは次戦の22日、同会場でデミョンと対戦する。午後3時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」