新天地で決意 福島ホープスが入団会見

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会見に臨んだ新入団選手たち

 福島ホープスは21日、郡山市で新コーチと新入団選手の入団会見を開き、選手らが新天地での活躍を誓った。

 新たにコーチに就任した松井宏次守備・走塁コーチや笹平拓己選手兼任バッテリーコーチのほか、本県出身の松本匠(帝京大、学法石川高卒)、斎藤裕大(青森大、保原高卒)ら選手10人が会見に臨んだ。球団代表の岩村明憲選手兼任監督、球団を運営する福島県民球団の扇谷富幸社長が同席した。会見後には選手を一目見ようと駆けつけたファンを前に、選手らがトークショーを行った。

 新入団選手次の通り。

 投手=笠原拓海(ジェイプロジェクト)松本匠(帝京大、学法石川高卒)鍵政祥太(札幌ホーネッツ)川口瑞貴(青森大)秋吉龍二(福岡ベースボール倶楽部)溝上裕樹(希望ケ丘高)▽内野手=福士史成(東洋学園大)▽外野手=川上祐作(千葉工業大)高橋恒(青森大)斎藤裕大(青森大、保原高卒)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦