東北フリーブレイズ連勝、3年連続プレーオフへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―デミョン】第1ピリオド、先制点となるシュートを放つFW山本(左)

 アイスホッケーのアジアリーグは22日、各地で3試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸でデミョンキラーホエールズ(韓国)と対戦、6―0で完封勝ちし、2連勝した。勝ち点71とし、6位以内が確定、3年連続5度目のプレーオフ進出を決めた。

 序盤から猛攻を仕掛けたフリーブレイズは第1ピリオド、山本、篠原亨の両FWとDFスティーブンソンが立て続けに得点し、試合を優位に進めた。4―0で迎えた第3ピリオドでは、FW山下がダメ押しのゴールを決めたほか、守備陣が安定した守りを見せ、相手に得点を許さなかった。

 フリーブレイズは次戦の24日、同会場でデミョンと対戦する。午後7時開始予定。