学福高卒・大波渥が荒汐部屋へ 2人の兄に続き角界入り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東洋大は23日、相撲部の大波渥(あつし)さん(22)=4年、学法福島高卒=が大相撲荒汐部屋に入門すると発表した。3月場所でデビューする。

 大波さんは身長180センチ、体重115キロで、得意技は右四つと出し投げ。昨年11月の全国学生相撲選手権大会では団体で優勝、個人で準優勝した。

 大波(25)=本名渡(わたる)、同高卒、三段目、剛士(ごうし)(23)=本名港(みなと)、同高卒、幕下=の2人の兄も荒汐部屋の力士。祖父は元小結若葉山、父政志さんは元幕下若信夫と相撲一家に育った。

 荒汐部屋には、前頭の蒼国来(33)や幕下の福轟力(28)=同高卒=らも所属。大波さんは荒汐崇司親方らとともに30日、都内で会見を開く。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」