女子・郡女大付「守備から流れで連覇狙う」 東北高校ハンドボール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2年連続2度目の出場の郡山女子大付

 第40回東北高校ハンドボール選抜大会は2月3日、秋田県湯沢市で開幕する。郡山市からは男子が5年ぶり4度目の安積、女子が2年連続2度目の郡山女子大付が出場する。各県から男女各2校が出場し、上位4校に与えられる全国選抜大会への出場権を懸けて熱戦を繰り広げる。郡山女子大付は同日に初戦を迎え、安積は大会第2日の4日に登場する。

 創部4年目の郡山女子大付。初出場で優勝した前回大会に続き、歴史の1ページを刻むべく2連覇を目標に掲げる。

 守備から流れをつかみ、縦へのスピードを生かした速攻でゴールを狙う。小柄な選手が多いため、守備ではロングシュートなどにも対応できるようにと三つの陣形を織り交ぜてカバー。相手の攻めのリズムを崩し、試合のペースを握る。

 冨本栄次監督は「機動力を生かして全員で戦う」と話し、矢作陽(みなみ)主将(2年)は「先輩を超えることを目指して、必ず全国への切符をつかむ」と力を込めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る