楽天「必ず優勝する」 4月11日に開成山で楽天-西武戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事に意気込みを語った森井氏(右)と土谷氏(左)

 プロ野球楽天の森井誠之球団営業本部長は27日、県庁に内堀雅雄知事を訪ね、県内公式戦楽天―西武(4月11日・開成山球場〈ヨーク開成山スタジアム〉)の開催を報告するとともに、新シーズンの意気込みを語った。

 森井氏は「必ず優勝して今一度、喜びを分かち合いたい」と強調。内堀知事は日本一となった2013年シーズンを振り返り「楽天が勝ち進む姿は心の支えでもあった。素晴らしい活躍を期待しています」とエールを送った。

 楽天の元外野手の土谷鉄平イーグルスアカデミーベースボールスクールジュニアコーチは「野球の普及に努め、野球好きの子どもを増やしたい」とし、内堀知事は「東京五輪での野球・ソフトボールの県内開催を進めている。野球熱を今まで以上に高めたい」と語った。森井氏らは同日、郡山市役所も訪問した。

 チケットの一般発売は30日午前10時から。「イーグルスチケット」のホームページやコンビニ、スーパースポーツゼビオ郡山西ノ内店で購入できる。28日からファンクラブで先行発売する。楽天所属の本県出身選手は横山貴明投手(聖光学院高卒、浪江町出身)と内田靖人内野手(茨城・常総学院高卒、いわき市出身)、八百板卓丸外野手(聖光学院高卒、福島市出身)の3人。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る