トライアスロン飛躍を アカデミー福島が活動報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手の活躍を願って乾杯する出席者

 世界で活躍するトライアスロン選手の育成を目指す「NPO法人わ トライアスロンアカデミー福島」は28日、福島市で活動報告会とスタートミーティングを開いた。出席者が選手の活躍を振り返り、さらなる飛躍に期待した。

 選手やチーム関係者約50人が出席。同法人の鈴木敏美副理事長が「地域に愛されるチームづくりに取り組む」とあいさつ。

 支援団体を代表して福島民友新聞社の菅野芳美事業局長が「チームの中から一人でも多くの選手が東京五輪に出場することに期待する」と激励した。

 県トライアスロン協会の穂崎一豊理事長の音頭で乾杯し、出席者が選手と交流を深めながら和やかに歓談した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、9回サヨナラ「11連覇」 夏の福島大会、戦後最多更新