福島ファイヤーボンズ、点差縮められず 島根に敗れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【島根―福島】第2Q、シュートを放つ福島のボーズマン =鳥取県・米子産業体育館

 (28日・米子産業体育館ほか=9試合)Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズはアウェーで島根スサノオマジック(島根)と対戦、49―75で敗れた。

 チームは3連敗となり、通算成績は20勝11敗。順位は東地区2位のまま。

 福島は第1クオーター(Q)こそ14―19と接戦を演じたが、第2Qでは、7得点のみと精彩を欠いた。

 第3Qでは菅野、野上、カークの活躍もあったが、36―55と点差を縮められず、最終第4Qで島根にゴール下を支配されるなどして得点を許し、突き放された。

 福島は次戦の29日、同体育館で島根と対戦する。午後1時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦