「2次ラウンド」対戦相手決定 郡山カップ・福島県フットサル

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フットサルの県内一を決める郡山カップ第11回県フットサル選手権大会2次ラウンドの組み合わせ抽選会は29日、小野町で開かれ、小学生、一般両部門の組み合わせが決まった。2次ラウンド(県大会)は2月11、12、19日の3日間(一般は12、19の両日)、小学生の部が郡山市の西部第2体育館、一般の部が郡山総合体育館と西部第2体育館で行われる。

 1次ラウンドを突破した小学生の部16チーム、一般の部12チーム(シード1チームを含む)が出場。4ブロックに分かれてのリーグ戦による第1ステージ、トーナメントの第2ステージで優勝を争う。

 抽選会では、出場チームの代表者らが抽選し、組み合わせを決めた。大会は郡山市、同市教委、県サッカー協会、郡山サッカー協会、福島民友新聞社でつくる実行委員会の主催、県、同市体協、読売新聞東京本社、福島中央テレビ、ふくしまFMの後援、ゼビオの特別協賛、県フットサル連盟の協力。

 2チームが最終切符 一般1次ラウンド

 郡山カップ第11回県フットサル選手権大会一般の部の1次ラウンド最終日となる第3ステージは29日、小野町町民体育館で3試合が行われた。コンパニェーロス郡山、confiancaの2チームが2次ラウンド進出を決め、出場チームが出そろった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る