福島ファイヤーボンズ「4連敗」 島根に65-88、課題残す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【島根―福島】第1Q、ダンクを決める福島のスパイクス=鳥取県・米子産業体育館

 2部(B2)の福島ファイヤーボンズは29日、アウェーの米子産業体育館で島根スサノオマジック(島根)と対戦、65―88で敗れた。チームは4連敗を喫し、通算成績は20勝12敗。順位は東地区2位のまま。

 福島は前半、友利の3点シュートやスパイクスのダンクシュートなどで38―41と一進一退の攻防を展開。ところが第3クオーター(Q)に55―64と突き放されると、第4Qで24点を奪われるなどディフェンスが崩れ、得点も10点と伸び悩み、リバウンドやシュートの精度などに課題を残した。

 福島は次戦の2月4日、ホームの猪苗代町総合体育館でアースフレンズ東京Z(東京)と対戦する。午後2時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦